バイアグラ3個と男性

バイアグラの販売メーカーと持続力

バイアグラは世界初の経口ED治療薬として発売され、既に十数年は経過した医薬品ですが、現在でも世界130ヶ国以上で使用されており、勃起に悩む男性に親しまれています。販売メーカーは医薬品世界売上1位のアメリカに本拠を構えるファイザー社で、日本法人のファイザー株式会社もある大手の製薬会社となります。バイアグラの青い錠剤には「Pfizer」と刻印されているので、利用者ならこの綴りを見たことがある人も多いはずです。販売メーカーはこの他にも様々な医薬品を販売しており、風邪薬や胃腸薬などの一般的なものから、降圧剤、抗うつ剤、禁煙補助剤など特殊な製剤も販売しているので、誰もが一度はお世話になっていることがあるでしょう。このメーカーから販売されたバイアグラは、日本でも認可されその他の先発医薬品と含め3大ED治療薬と言われるほど有名になっています。バイアグラは最も最初に販売された治療薬なので、副作用や持続時間に難がありますが、勃起力はその他を凌駕すると言われており、リスクよりもメリットのために好んで使うことが多いようです。他の治療薬では10時間や36時間と非常に長く持続するのに対し、バイアグラは4~5時間程度なので、性行為の直前の飲まなくてはいけなくなるため、服用のタイミングがシビアなものとなっています。持続時間がない分だけ効能が濃いのだと考えれば、勃起力があるのだと納得もできるでしょう。バイアグラはすでに先発医薬品としての特許が切れているので、有効成分のシルデナフィルを使用したジェネリック医薬品も多数販売されていますが、それでもバイアグラの売上は大きな変動はないようです。これはEDに対する治療薬だけでなく、男性器の勃起力が優れているからなのかもしれません。